TAG 110シリーズ

人妻エロ漫画 わたしをはらませて〜医者と人妻〜

「一発で、着床しますよ」

妊活に悩む人妻は、医者の言葉を思い出しながら、貯金通帳をそっと閉じた。
目減りする預金。
非協力的な夫。
精子提供者の医師は、学歴も身分も明らかで、見てくれ以外の遺伝情報は優秀。

午後の昼下がり、人妻はクリニックの一室で股を開く。
たらりと塗られるローションの冷たさに対して、心は不貞への憤りから熱くなっていった。

「だって、妊活の費用が高いんだもの・・・」
「●●が生まれても、旦那は私の顔さえ見ていないんですよ。そういう顔だと思いますよ」
「それに、妊娠できないのは、旦那のせいかもしれませんよ?」

ハゲデブ親父と●●系人妻は、即座に交わっていく。

サイズは縦2100pxで出力してます。
本文8ページ+表紙1ページ。

人妻エロ漫画 ふたりの妻と毎日エッチする話

これは不倫ではない。私たちの生存戦略。

「夫ひとり、妻ふたり。
結婚をアップデートしたシェア生活が、
僕たちを貧困から、孤独から、救う」

==

「男なんて不倫するんだから、
どっちか選べる状態にしておいたほうが健全。
飽きたら3Pだってできるじゃない。

それに子育てだって、夫婦ふたりだけより、
もうひとり大人がいれば楽になる。
妻が疲れて夫を無視することもなくなる。

ジジババと違って、働き手が増えるから
家計も潤うから、インフレだって、貧困だって
なんとかなるさ。

数の暴力って、夫婦にも当てはまるんだよね」

そんなお話。

==

サイズは縦2100pxで出力してます。
本文8ページ+表紙1ページ。

Twitter:@Aurora_BrainVly