TAG 大人のAI倶楽部(おとなくらぶ)

人妻エロ漫画 ドスケベ爆乳義母の青姦&野外露出【シリーズ第2弾】

待望のシリーズ第2弾

ハイエンドPCで生成した10000枚の画像の中から厳選しました。
今回も「ストーリー形式で進むAI画像集」となっています。
どうぞお楽しみください。

「おとなくらぶ」では写真の様なリアルなAI生成を心掛けています。
よろしければ「ファン登録」お願いします。

■プレイ内容

下着、野外露出、ヌード、青姦、野外正常位
バック、騎乗位、中出し、ぶっかけ

■作品概要

俺の前に、お義母さんか?下着姿て?立っている。
「今から外、行かない?」
お義母さんの提案に、俺は思わす?たし?ろく?。
て?も、連日スケヘ?なことをしている俺は我慢て?きす?、たた?頷いて一緒に公園へ向かうのた?った
公園についた途端、彼女は服を脱き?散らかして、誘惑してきた
「いいし?ゃない、こういうのも…?」 俺か?駄目た?と言っても、とろとろの表情て?微笑まれてしまう。
その内彼女は俺のス?ホ?ンを下け?て しまった。
むくりと勃起した局部か?彼女の顔の前に出、彼女は興奮した表情を見せる。

「ふふ、焦らないて?…っ」 先走りをちろりと舐めなか?ら、そのまま咥えて音を立ててフェラチオを始めた。

しかし堪能したのか、すく?に口から離してしまう。
ホッとしたのも束の間。 彼女は俺の上に跨り、野原の上て?騎乗位セックスを始めようとしていた。

「ね…いいよね…?」

喘く?ように囁かれ、俺は頷くことしかて?きない
激しい上下運動か?始まり、彼女も本格的に喘き?た?す。
垂れかけの巨乳をふ?るんふ?るんと揺らし なか?ら、身体をねし?らせてくる。
「私のナカて?、ヨシヨシしてあけ?ようねぇ」 彼女はそう呟きなか?ら、足を開いてMの形に開脚してきた。
見える?と言いなか?ら微笑まれ、そ のまま自身の男根か?飲み込まれていくのを俺は見せつけられる。
そんなにされたら俺も我慢の限界て?、思わす?彼女の腕を引く。

「あんっ!」

彼女を四つん這いにし、挿入して獣のような性行為を始めた。
彼女は汗は?みなか?らも、くちゅくちゅとした俺の拙いヒ?ストンを受け入れてくれる
ふいに、彼女か?振り返って、し?っとりと俺を見つめた後に微笑んた?。
「ねぇ…顔見なか?ら、しない…?」 その甘えた顔に、俺はお義母さんと呟きなか?らしか?みついた。
そうして正常位の体位となった俺達は、激しく混さ?り合う。
「そんなにっ、か?っついちゃっ」 激しいヒ?ストンを受け入れなか?ら、彼女はそうやってヨカ?っていた。
何度も何度も打ち付けているうちに、俺も我慢の琴線か?ふ?つんふ?つんと解けていく。
やか?て俺は限界を迎えると同時に、彼女の暖かな中にと?っふ?りと白濁液を注き?込んた?。

「あぁんっ、濃いのたくさん、出てるぅ…!」
く?りく?りと最奥に興奮冷めやらぬ男根を押し付け、ひとしきり吐精する。

満足し引き抜くと、中に出されク?チョク?チョになり、白くなってしまった蜜壺か?顕になった。
と?ろと?ろになりひくついた彼女の蜜壺に、俺は再ひ?男根をむくりと勃起させてしまう。
そんな姿 に、彼女は微笑んた?。
「もっと、もっと出して、いいんた?よ……?」
優しいその微笑みに、俺は再度堕ちていった。

【シリーズ第3弾作成中】

「おとなくらぶ」で検索
「ファン登録」お願いします。

※本作には複数の人物が登場します。同一人物のみの作品ではございません。
※本作で描かれるシチュエーションは全てフィクションであり、登場する人物や設定等はすべて架空のものです。
※犯罪、その他違法行為を美化または助長する意図はございません。
※本作はStable Diffusion、独自モデルを使用したAI生成画像を加筆、修正した作品となります。
※画角や照明具合により幼く見える場合がございますが、登場人物は全員18歳以上になるよう生成しております。
※顔や胸の見栄えを優先している為、指などの細かい部分や男性の体などに、生成AI特有の乱れがみられる場合がございますが、ご容赦ください。

近頃、当サークルの作品へ販売妨害目的とみられる虚偽のレビューや未購入者からの低評価コメントが確認されています。
これらの悪質な行為に対しては、発信者情報開示請求、損害賠償請求等の法的措置を検討させて頂く場合がございます。

上記について、ご理解の上ご購入をお願い申し上げます。

人妻エロ漫画 ドスケベ爆乳義母の逆レ◯プ〜人妻熟女が旦那に内緒で義子の精子を搾り取る

制作期間1ヶ月!!元大手企業エンジニア&デザイナーのタッグで作成したCG集です。
5000枚の中から厳選した渾身の1作です。

■プレイ内容

義母(熟女)のグラビア
私服、下着、全裸
フェラ、パイズリ、騎乗位、バック、正常位
生中出し、ぶっかけ…etc

■作品ストーリー

僕に新しいお母さんができた
父の再婚相手だ。

エロ過ぎるお義母さんの身体のせいで
思春期真っ只中の僕の性欲は我慢の限界を迎えている。

気づくと僕は義母のその豊満な身体を目で追ってしまう。
スキンシップが激しい義母はソファでくつろぐ僕の肩を優しく、ゆっくりと撫でながら言った。

「どうしたの?」
「わっ、や、やめてよ!
本当のお母さんでもないのに
ベタベタしないでよ!!」

咄嗟にそんな言葉が漏れてしまった。

少しさみしそう顔を浮かべるも
すぐに艶めいた笑みへと変わった。

「仕方ないよね。。。
本当の母親じゃないもんね。。。
だったら。。。

実の母子じゃないんだからセックスしたって問題ないわよね?」

そう言って息を荒げた義母は僕の股間に手を伸ばす。
咄嗟に抵抗するも初めて人肌に触れた僕のムスコはパンパンに、そして痛いほどに膨れ上がっている。
脳まで届くようなこの快楽に僕は抗うことができなかった。

今にも発射してしまいそうな僕のチンポを義母は取り憑かれたようにしゃぶりはじめた。
精液が尿道まで上がってくるのを感じる。
もう我慢できないと思った瞬間・・・

いたずらな笑顔を僕に向け硬く、熱くなったチンポから口を離す。

「まだダメだよ?たくさん我慢してい〜っぱいお射精しましょうね〜。」

息が上がった僕のことなんかお構いなしに
義母は柔らかい乳房で僕のチンポを優しく包み込む。

散々弄ばれ、情けなく我慢汁をダラダラと垂れ流すことしかできない僕を義母は寝室にいざなう。
服を脱ぎ捨て、露わになったその凶悪な程に妖艶な義母の身体にこれ以上僕の本能は逆らえない。

「ぜーんぶ受け止めてあげるね…」
耳元で囁いたその言葉で理性は消し飛んだ。
父の最愛の人…自分の母になる人…

そんなことはもうどうでもいい。

今すぐに子種を撒き散らしたいと言わんばかりに膨れ上がった僕のチンポは
初めてにも関わらず【どこ】に挿入るか本能で理解していた。

ずぷっ。あっ。

次の瞬間…

ビュルるるるるるるるるるr

一気に決壊した。
身体は思うように動かない。
射精の時間が妙に長く感じる。

「いっぱい射精ちゃったね…
でも、まだまだココに精液いっぱい入ってる…
ぜーんぶお母さんが受け止めてあげるからね」

優しい手つきで僕の睾丸をそっと撫でながら義母は言った。

思春期の有り余る性欲を僕は【お母さん】にぶつけ続けた。

歪んだ愛でもいい。【お母さん】なら僕の全てを受け止めてくれる。

※本作は複数の人物が登場する写真集となります。
※本編にセリフはありません。
※画像サイズにはばらつきがあります。
※本作で描かれるシチュエーションは全てフィクションであり、登場する人物や設定等はすべて架空のものです。
※犯罪、その他違法行為を美化または助長する意図はございません。
※本作はStable Diffusion、独自モデルを使用したAI生成画像を加筆、修正した作品となります。
※画角や照明具合により幼く見える場合がございますが、登場人物は全員18歳以上になるよう生成しております。
※顔や胸の見栄えを優先している為、指などの細かい部分や男性の体などに、生成AI特有の乱れがみられる場合がございますが、ご容赦ください。