TAG パコパコセクシー堂

人妻エロ漫画 借金のカタに義父とドスケベな約束をしてしまいセックスの沼へ堕ちた人妻

清楚で美人な人妻が借金返済のために義父と愛人契約を結んでしまいセックス漬けにさせられるお話です

■あらすじ

夫とひっそり重い話をしている人妻『ユカリ』は
とても不安な表情だった、、、

それは夫の事業失敗による借金返済の内容だったからだ。。。

1日でも借金による貧乏生活から抜け出したいユカリだったが
彼女にはもうひとつ人には言えない大きな秘密を持っていた…!

それは、

’夫の父親、義父との『愛人契約』だった’

なんと事業失敗の時期に義父から
愛人になれば借金返済をしてやるという
とんでもない内容を提示され
苦渋の決断でそれを結んでいたのだった!

少しだけならと
愛人になった彼女だったが、、、

野獣のような性欲絶倫の
義父のセックスの
日に日に心がむしばまれていった…

それは夫や子供への罪悪感だった!

だが義父のセックスを断ろうとすれば
事業失敗は夫の横領罪の罪問われ
警察へ突き出すとさらなるオドしをかける始末だった…!

どうにもできない
選択肢の余地がないユカリは
ただただ義父のセックスの玩具にされる…!

やがてユカリは背徳感に染まり
自我崩壊がはじまり
快楽の渦にのまれ…

義父のチ○ポに発情し
セックスの沼へと堕ちていく―。

○基本54p
○差分全ページ108p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 友達のママが大好きで二人きりになったら筆おろしされちゃいました

思春期真っただ中の童貞男子が美人でエロい友人のママととある事からエロい展開になり筆おろしされてしまうお話です

■あらすじ

豪雨降りしきるある日―。

内気で思春期まっただ中の童貞男子『リョウタ』は
友人が学校に忘れたスマホを
一生懸命に家へ届けるのだった

ありがとうと感謝感激したのは
友人のママ『ミサキおばさん』だった

ミサキおばさんの事が大好きなリョウタは
褒められることや会えることが嬉しくて
モジモジしていた

それもそのはずミサキおばさんは
美人で巨乳でハンパないエロい雰囲気を
漂わせているスーパー人妻なのだ!

しかし事は急展開する…!

びしょびしょに濡れた姿を見たミサキおばさんは
風邪をひいてはいけないと
急遽リョウタの服を脱がせる!

リョウタは身構える間もなく脱がされてしまい
なんとギンギンに勃起したチ○ポを見られてしまった!

ミサキおばさんは一瞬驚くが、、、

しかし次の瞬間、

その勃起について
ある事が理由でミサキおばさんは
そっとソレを手にとり
リョウタの
内に秘める想いを探り…

ゆっくりと対応をはじめていく―。

○基本34p
○差分全ページ102p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 ヤンママの叔母さんはめちゃ怖いけど案外優しくてとてもスケベでした

気弱な童貞男子が昔からずっと大好きな叔母と二人きりになりあるキッカケからエロい展開になり筆おろしされてしまうお話です

■あらすじ

内気で優柔不断な童貞男子『ソウタ』はその日とても
ドキドキしていた

それは、
超絶ヤンママで怖い存在なんだけど
美人で巨乳のスーパーエロいオーラを放つ
叔母『カリナ』に会えるからだ!

そんな彼女に昔から
女として恋心を抱いており
その思いが多感なソウタを日に日に増幅させていた…!

ある日、
祖父の誕生日会が開催され
そこに参加することになったソウタは
このチャンスを逃すまいと意を決し
告白をすると決め込んでいた

そして親戚一同だんらんの中
タイミングを見計らい
カリナおばさんに声をかけるソウタ、、、

一世一代の愛の告白…
いや禁断の告白をする!

しかし意外にもカリナおばさんは
驚くも無し怒るも無し…

冷静に半ばソウタをイジるように受け入れ
ソフトにオラオラを醸し出しだし
エロい展開へと煽ってきたのだった!

そしてカリナおばさんはあるキッカケから
オッパイとオ○ンコでソウタを
ヤンママセックスに誘い出し…

ソウタは憧れのカリナおばさんとの
初生エッチにオスの本能に目覚めていく―

基本42p、差分総数126p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 お手伝いのオバサンと無限生エッチしちゃいました

年頃の童貞お坊ちゃまが新しく入った巨乳のエロい家政婦に恋心を抱いてしまいとある事がキッカケで鬼エッチしてしまうお話です

■あらすじ

年頃の童貞男子『ユウタ』はその日
父親が出張で留守にする事を聞き
胸が高鳴っていた。

理由は、
最近新しく入ったお手伝いさん『ナナミ』との時間が
たくさん持てるからだ、、、

ナナミは美人で巨乳でとてつもないエロいオーラを放ち
思春期のユウタにとってそれは
毎日のオナニーのオカズでしかなかった

そしてそんな毎日を繰り返す中
彼はナナミへの想いが日に日に膨れ上がり
我慢ができなくなっていた

そしてある日告白をしたのだった!

『本気でおっしゃっているんですか?』

しかしナナミの答えは一変していた…!
ユウタはユウタなりにある程度断られると
覚悟をしていたが思わぬナナミの返答に驚いた、、、

そして彼は意を決し『本気だ』と返す!

するとナナミは突如
ユウタのズボンを下ろし
そのビンビンに反り返ったチ○ポに
手をかけオトナのエロスに誘っていく―。

○基本38p
○差分全ページ114p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 ユルい人妻と生エッチしたら快楽の沼から抜けられなくなりました

地味で冴えない童貞男子が近所のおっとりとした巨乳で美人の人妻に恋をし告白するも突如エッチな展開になり筆おろしされ次第に人妻の沼にハマっていくお話です

■あらすじ
素朴で自分に自信がなさげな男子『ケント』はあるお食事会に来ていた

それは近所に住む美人で巨乳のエロ人妻『アヤカ』のお家だ

引っ越した時からご近所同士ということで
気さくでおっとりした人懐っこいアヤカと
仲良くしていたのだが

社交場が苦手なケントは
ギクシャクしながら参加していたが、、、
そんなケントには参加する大きな理由があった

それは『アヤカ』であった

美人で巨乳でシャツから見せる谷間や
スカートから大きくみえるチラリズムのパンツなど
オトナの魅力MAXのアヤカにゾッコンだったのだ!

その想いは膨れあがるばかりだった
いつか告白しようと機会を狙っていたのだった

そして、この食事会で二人きりになった時、、、
ケントは思い切って猛烈に告白した…!

しかし!

意外にもアヤカはケントの想いを即座に理解するのだった!

アヤカはケントの内面にある事をキッカケに
豊満なオッパイとむちむりのボディで
ド級のエロさでケントの想いに応えていく…!

そしてケントは
初オ○ンコ挿入を経験し
アヤカの人妻エロスに超絶ドハマリしていく―。

○基本45p
○差分全ページ135p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 大好きな叔母と禁断の生セックスをしてから毎日ヤることになった話

冴えない童貞男子が大好きな叔母に思い切って告白したらとある理由から速攻で生ハメエッチをし結果エッチ漬けになるお話です

■あらすじ

それは平穏な真昼の時であった、
親戚一同集まってのにぎやかな食事会が行われている中、

遅れで合流した素朴で内気で冴えない童貞男子『ケンタ』が合流した。

『早くあがってみんな来てるわよ』

『う…うん』

ときさくに声をかける叔母『アヤカおばさん』に
軽く挨拶するもケンタの体には緊張が露わになっていた、、、

それもそのはず、
ケンタはずっと以前からアヤカおばさんのことが大好きだったのだ

気さくで優しくそして
’美人で巨乳で超絶エロいオーラを放ちまくり最高に最高の女性だからだ!’

叔母として好きなのではなく完璧に’女’として好きなのだ!

そしてケンタは今日という絶好の機会に
アヤカおばさんへアタックすると決め込んでいた

’『告白』だ’

しかしケンタは二人きりの時を見計らって
意を決して思いを伝えるも
聞き流され、軽くあしらわれてしまう

それよりも彼女はいないのかと
はぐらかすような恋愛話まで押してくる会話だった…

半ばあきらめかけていたケンタだったが
思いもよらない事を持ち掛けられる

『ケンタくんも年頃だもんね』

『私としたい事でもあるの?』

とまさに下心満載の童貞男子には
ボディへ直撃する質問だった!

意表をつかれる内容にうろたえるケンタだったが
ある意味ここで引き下がるわけにはいかないと
もういちど告白をしようかしまいか勝負に出る思考に切り替わっていたが、

ビッグアクシデントが起きた!

『ヤりたいんでしょ?』

なんとアヤカおばさんはセーターとブラを
両手でたくしあげ巨乳をバユンッと大きくさらしたのだった

『…ッ!!!!』

あまりの予想だにしない出来事に
絶句と興奮がMAXになるケンタだった…

そしてそんな驚きと混乱が脳内を浸透してるのもつかの間
アヤカおばさんはケンタの好奇心の懐へ入ってくる

『んなああああッ!!』

『おばさん何やってんの…ッ!ああッ!!』

なんとアヤカおばさんはギンギンに勃起しているケンタのチ○ポを
ぎゅっと握りそして上下にシコシコと刺激し
ジュボジュボと唾液じゅっぽりのドフェラをしたのだった!

’まさに青天の霹靂だ#

いや夢のようなエロスが股間に起こったのだった!

味わったことのない快楽と感触が一気に押し寄せ
興奮が頂点へ昇るケンタはただただ
カラダをびくびくさせるしかなかった、、、!!

『知ってるのよ』

『私の事ヤラシイ目で見てるの』

トドメの一撃だった。。。

何も言えないケンタはこの言葉をキッカケに童貞を捨て
叔母さんのドスケベセックスの中に入っていくのだった
それはオスの本能に目覚めたともいうべき
叔母さんとのあこがれの生エッチへの挑戦だ!!

『んあああッ!!』

『おっおばさん!気持ちよすぎるよぉぉぉッ!!』

アヤカおばさんのむちむちオッパイ
むちむちお尻から放たれるセックスの体位が咲炸裂する…!!

激しくエロく正常位騎乗位バックが神展開する!!

生ハメに没頭するケンタとアヤカおばさんだが

アヤカおばさんもまた長年のセックスレスから来る
欲求不満のカギのかかった性欲の扉に
ケンタのチ○ポによって開かれてしまうのだった
快楽が目覚めてしまった

まさに’発情’だ

『あっあっあぁぁぁぁんッ!』

『おばさん!!いくぅぅぅぅッ!!』

そして二人は
チ○ポとオ○ンコを激しく打ち付け合い
興奮の果てにケンタは
アヤカおばさんの膣内へありったけのドロドロ精液を
ぶちまけてしまう…

そして
二人はこれをきっかけに内密に会い
昼下がりのオ○ンコセックスを淫らに始め
誰も止められない内気な男子と叔母の
濃厚無限エッチに堕ちていく―。

○基本58p
○差分全ページ174p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 友達のママと二人きりで雨宿りしたら濃厚エッチしちゃった話

素朴な童貞男子が美人で巨乳の友達のママと町内運動会の手伝いで一緒になるも突如の大雨で倉庫に雨宿りしあるキッカケから生エッチしちゃうお話です

■あらすじ

素朴で純粋な童貞男子『ユウマ』は町内運動会で
裏山まで荷物運びをしていた。

そこにはもう一人巨乳でむちむちお尻のドエロな人妻がいた。
それは友人のママである『サオリおばさん』だった。

偶然にも一緒に荷物運びを一緒にやることになったが
突如大雨が二人を襲う!

そしてやむなく近くの倉庫にかけこむ二人だった、、、

一息ついた時、ユウマは
サオリのびしょ濡れ姿に興奮してしまう!

そこにはスーパー巨乳と乳首と
透けたスカートと透けたパンツとオ○ンコ丸見えの
透け透けボディ全開のサオリの女体があったからだ!

しかし一方サオリは
びしょびしょに濡れているユウマを心配し
風邪をひかせまいと急いで
着替えさせようとしズボンを下ろしたその瞬間だった…!

なんと
ユウマのびんびんび勃起したチ○ポを
露わにしてしまったのだった!

『ちょッ!あっ…あッあッあのッおばさんッ!』

赤面と驚きでいっぱいになるユウマだったが、、、

これをキッカケにユウマは
とある理由からサオリおばさんと倉庫で

二人きりの濡れ濡れ生エッチ体験をしていく―。

○基本36p
○差分全ページ108p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 ギャル男に秒で寝取られた押しに弱い人妻

ギャル男に秘密を握られた美人で巨乳の人妻が言いなりセックスをさせられ最後にはエッチの快楽に堕ちてしまうお話です

■あらすじ

それは通常の日常―。
ベランダに落ちたパンティを届けられ
恥ずかしそうにしている人妻がいた。

名は『ミサキ』。
大人の雰囲気を持つ巨乳で豊満なボディの
ドスケベ人妻だ。

届けた人間は下の階に住むチャラいギャル男の『タクヤ』だった。

お礼を言うミサキの言葉も早々に
ナンパをしてくるタクヤだった。

ミサキは半ばとまどいながらあしらうも
突如抱きつかれ体を求められるのだった!

混乱するミサキだったが驚くべき条件を提示されるのだった

『浮気をバラされたくなければヤらせろ』

というものだった!

なんとミサキは事もあろうに実は
同マンション内の旦那と浮気をしていたのだった

その現場をタクヤにスマホに録画されていたのだった!

人生最大のピンチに焦るミサキだったが
一人の人間として一人の主婦として
彼女は家族や世間体に事実を隠すべく

タクヤへ爆乳オッパイと熟れたオ○ンコを捧げる、、、

夫とは違う浮気相手とは違う
初めて味わうタクヤの若くエネルギッシュで野性的な
セックスに快感を覚え

ミサキは次第に抜けられなくなってイク―。

○基本30p
○差分全ページ90p
○PDFのみとなります

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 義父に弱みを握られた人妻は生でセックスをします

清楚な人妻が借金の肩代わりを義父にしてもらった結果カラダの言いなりになりセックス漬けにさせられるお話です

■あらすじ

一家家族団らんで幸せな昼下がりの時だった。
そこに苦笑いの面持ちでたたずんでいる一人の人妻『アヤカ』がいた。

清楚で美人で巨乳を併せ持つ
とびっきりにエロ美人のナイスな人妻だ

そしてアヤカには義父に対するいちまつの不安があった。。。

『アヤカさんあとでちょっとええかの?』

『は…はい』

以前から義父は四六時中アヤカをエロい目で見ており
いつ襲われるかと内心懸念があった。
声をかけられるたびにドキッとしていた

そしてそれはついに起こってしまうのだった。

『きゃあああああッ!!』

『ウッホッホ!国宝級のオッパイじゃの〜!!』

なんと二人きりの時を見計らって
義父はアヤカの後ろから突如抱き着き
その巨乳を揉みしだいたのだった!!

やめてくださいと懇願する義父に
抵抗を表すアヤカだったが
おそるべき事を言い放たれるのだった

『そんなことしていいのかい?』

『息子の借金はチャラにしてやってもいいんだぞ?』

『そっそんなッ…!!』

そう、
実はアヤカは義父に夫が事業で失敗した
多額の借金の肩代わりをしてもらっていのだった
その上借金の事情には横領罪として罰せられるものであり
義父次第で夫は刑務所行きが確定だったのだ、、、

一生の恩がある義父にアヤカは
責めることができずにいた

『ウッヒッヒ…どうするね?』

そして、
アヤカは意を決し半ばあきらめと覚悟を決め
スカートをたくし上げ、、、
そのカラダを義父に捧げ

性欲絶倫の義父のチ○ポにオカされまくり
セックス漬けの毎日に身を投じていく―。

○基本34p
○差分全ページ102p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 友達のママとなりゆきで生ハメエッチする事になりました

年頃の男子が友人の家に遊びに行った際に美人で巨乳の友人ママとある事をキッカケに生エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

勉強会という名の元
年頃の男子『ユウタ』は友人宅で鼓動がドクドクと高鳴っていた

その理由は友人のママだ

『アヤカおばさん』だ

近所でも有名な美人で巨乳でスーパーエロママなのだ
オッパイお尻が服がパンパンにむちむちになるほどの
豊満なボディの持ち主だ

以前からアヤカおばさんに意中でいたユウタは
友人に勉強を教えてえる名目で
友人の家にしばしば遊びに来ていた

今日がそれだ

ハンバーガーの手料理が光るアヤカおばさんの
差し入れにはしゃぐ友人たちであったが
ユウタは本当に本当の『時』が来るのを待っていた

それは’夜’なのだ。

『来た!よしッ!』

『オレのターンだッ!』

ユウタは友人たちが寝静まったのを見計らって
ドアを開けトイレに行く振りをしながら
何かに向かって気高く廊下を歩くのだった

’目的は廊下奥の部屋だ’

それは

’アヤカおばさん’の部屋なのだ!

おそるおそるそのドアを開け
無音をキープしながら
ユウタは数ミリの間から片目を覗かせ
部屋の中を凝視する!

『あっあっあぁぁぁん!!』

女のエロい声がこだまする空間の中
動向が開くユウタは全身が興奮につつまれた…!!

そこにあったのはなんと

アヤカおばさんが激しく自分のオ○ンコに
指をズボズボ入れまくり
愛液たっぷりのままの開脚全開で
高く高く喘ぎ声をあげている
スーパーオナニーの光景だった!

超絶エロいステージに
興奮に興奮が舞い上がるユウタだったが
彼の目的はまさにコレだったのだ!

アヤカおばさんのオナニーを見るために
友人宅へ勉強お泊り会に参加していたのだった!

すさまじいエロい光景を目に焼き付けんばかりに
凝視を辞めないユウタだったが
最悪の災難がおとずれた!

『ちょっと!誰ッ!?』

なんと覗いてる事がアヤカおばさんに
バレてしまったのだ!

『まさかユウタくんだったとはね…』

事情を聞かれアヤカおばさんの失望に満ちた態度に
人生終わった…と落胆するユウタだった

が、展開が転調するのだった

『ちょっと来て…』

意表をつかれたユウタはただただ驚くばかりだった
なんとアヤカおばさんは半分服を脱ぎ
ユウタを奥の部屋へ誘うのだった

こっぴどく叱られる想定と違っていたのだ

そしてさらなる展開がユウタを襲った!

『んああああああッ!!』

『ちょっとおばさんッ!!あのッそれはッ!』

なんとアヤカおばさんはユウヤのウブで真っ赤に反り起つ
チ○ポを取り出しずぷずぷじゅぼじゅぼと
フェラをしまくるのだった、、、!

『これがして欲しかったんじゃないの?』

あまりの展開に現実か夢か混乱するユウタだったが
あこがれアヤカおばさんにフェラをされまくるその
初めての感触に脳内とカラダが昇天するのだった

『ユウタくんこういうのじゃない?』

『…やめる?』

ユウタに気遣ってドスケベ行為を止めるか続けるかの
究極の2拓がユウタを襲う!

こんなのを止めるなんてありえないっ
やるしかないと決心する!

ユウタは友人のママとこんなことをするのは道理として
頭では拒否しつつもそれはカラダの本能
いやオスの本能の前にはただタテマエに過ぎなかった…!!

『いっいやじゃないです!!』

『私のことずっとヤラシイ目でみてたでしょ…?』

『えッ!!』

『フフ、いつか息子の勉強のお礼をしなきゃと思ってね…』

『おっ!!おばさ~んッ!!』

これをキッカケにユウタは
意を決しアヤカおばさんのオ○ンコへ
自分のチ○ポをねじこむのだった!!

はじめのフェラ…
はじめてのパイズリ…
はじめての正常位騎乗位バック…

ユウタは初めて行う生エッチに
感動と歓喜のままに
そして好奇心のハートのままに
本能のままに
アヤカおばさんと濃厚生セックスをエスカレートさせていく

そして興奮最高潮と快楽頂点に達し
熱いドロドロ精子をアヤカおばさんの
オ○ンコの中へめいっぱいに注ぎ込む…

そして二人はよりもっと濃厚なカンケイへと発展し

アヤカおばさんの内なる性的事情も露わになり…

二人は禁断の毎日セックスライフをはじまっていく―。

○基本84p
○差分全ページ252p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 隣に住むギャルママに告白したら無限エッチする事になっちゃいました

内気な男子が巨乳でエロいギャル人妻の事が大好きで告白するもある事がキッカケですぐに生セックスしてしまうお話です

■あらすじ

気弱で内気な男子『ユウマ』はいつものように
とあるギャルママのところへ遊びに来ていた

とても美人で巨乳でエロいギャルママ『スミレおばさん』だ

ユウマは昔イジメっ子から助けてくれた事がキッカケで
スミレおばさんのことが好きになったのだが
本当に好きな理由は別にある

それは’巨乳でエロい’というたったひとつの
シンプルなスケベな理由だ!

そしてユウマは
今日という日は意を決しスミレおばさんに告白するのだった

『ハハ何それ笑えるー』

『本気なんだってばっ!!』

軽くあしらわれるユウマだったが
想いをさらに強くアピールしていくも
なかなかスミレおばさんの心にに刺さらなかったが
とある質問で一変する

『ヤリたいならヤリたいっていいなさいよ』

『男らしくさー』

『…いっ!!』

なんとド直球な返答に固まるユウマだった

そして意気地がなく男らしくない
ユウマの根性を試すがごとくスミレおばさんは
さらに精神的に追い込んでいく

『んあああああッ!』

『ちょっとおばさん何やてんの…!?あああッ!!』

なんと、スミレおばさんはユウマのズボンを下ろし
びんびんに勃起するウブなチ○ポを
一握り刺激したあとにジュポジュポとフェラを
繰り出したのだった!!

何が起こっているのかと混乱しまくるユウマだったが
あこがれのスミレおばさんにこんな最高な
スケベなことをされ興奮が天にも昇る感触だった

『アタシのも舐めてみる?』

『アンタにそんな勇気はないか…?アハハ!』

『おっオレだって…!!!』

そしてユウマは己の根性が覚醒し
スミレおばさんに煽られる言葉に反抗した!

『アハハゆっくり舐めなよ~』

そしてこれをキッカケにユウマは
スミレおばさんのドスケベ人妻どろどろオ○ンコセックスワールドへ
入り込んでいく…!!

スミレおばさんのおっぱいお尻
オ○ンコすべてをズボズボしながらユウマは
童貞を捨てる喜びと
スミレおばさんのエロスの裏事情を知り

ユウマはパコパコしているうちに
下心からの恋愛感情から
本気の恋愛へとスミレおばさんにエスカレートし

スミレおばさんのオ○ンコへ
熱くたぎったたっぷりの精子を注ぎ込む―。

○基本70p
○差分全ページ210p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
ストーリーや演出やレタッチ加工を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 本屋のおばさんに筆おろしされました

ウブな童貞男子が昔から大好きな本屋のおばさんに告白したらあるキッカケからエロい事へとエスカレートし最後には生エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

好奇心真っ只中の多感な男子『ナオヤ』は
いつも通っている本屋にいた―

それは昔から大好きな『サオリおばさん』が目的だった

美人で巨乳でお尻むちむちの
とんでもなくエロいおばさんだ

並みの男なら意中に刻まれるのは間違いないほどの人妻女性だ

そしてエロいのももちろんだが
優しくて包容力のあるその母性たるたたずまいが
ナオヤにはドハマで頭から離れないほど大好きなのだ

同性代の女の子には見向きもせず
異性としてゾッコンに好いている、、、

そしてこの日ナオヤは決心していた!

’告白’だ

告白といっても本気の本気で
オトナの関係まで持ち込む気合だった

『おばさんオレと付き合ってよ!!』

『はいはい』

秒で玉砕だった、、、

だがナオヤは軽くあしらわれた事に猛烈に熱くなった!
ナオヤ全身全霊の気合で告白を続けざまにぶつけたのだ

『ヤリたいならヤリたいって言いなさいよ…』

なんと驚くべき返答を繰り出したのだ

あっと驚くナオヤだったがサオリおばさんの
男の特性を知っている余裕の姿に
さらに興奮と情熱が湧き出た

サオリおばさんもまたナオヤが昔からエロい目で
見ていることに気づいていたのだ

そこまで本気なら
男らしく女を求めなさいと言わんばかりに
そのエロいカラダが動いた…!

ナオヤは心臓の鼓動が高鳴った

サオリおばさんにそのウブな
反り起ったチ○ポをそっと咥えられ
フェラからジュポジュポしていくのだ…

’ちょっとだけだからね’

『んあああッ!!サオリおばさんッ!!』

これをキッカケにナオヤは
サオリおばさんのエロスワールドに引き込まれ
さらには店内でのドスケベセックスはエスカレートし歯止めなど効かず
最高の筆おろしを体験していく―。

○基本43p
○差分全ページ129p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
ストーリーや演出やレタッチ加工を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 母さんの事が大好きで無限ループでエッチしてます

■あらすじ

勉強をロクにしていないゲームばかり
している素朴でズボらで
どことなく頼りがいのない男子がいた

名は『コウタ』。

その日
母親に勉強しなさいと深く注意される、、、

しぶしぶ言う事を聞く彼だったが
いまいちノリ気がしないのは
勉強嫌いが主なのだが

ひとつ驚くような
大きなトンデモナイヒミツがあったのだ!

それは、

『ママとのエッチ』

だ!

何を隠そうコウタはゴリゴリの
マザコンボーイだったのだ

ママは美人で巨乳でとてつもないエロスを
打ち放つ極上のスケベママでもあった!

『あ、コウタそれとね』

『今日は年末だし大掃除するから』

『りょ…了解』

ママの掃除する姿はこれまたすさまじいエロスだった!
タマらないという言葉がとても似あう姿だ
胸元からはオッパイがこぼれ落ちんばかりのモチがごとくの肉塊
四つん這いからの床を拭くスカート生地が
はじけ切れそうなほどの大きな肉厚たっぷりケツ

その一連のルーティンのポーズに石造のように
固まり見とれる興奮ビンビンのコウタだった…

この瞬間無論コウタは
’勉強’などという思考は1ミリも脳信号を発してない
ただただオスとして発情ゲージ上昇タイムなのだ!

『やんっ!ちょっと!』

『母さんガマンできないっ!』

そしてゲージが満タンになったコウタはすぐさま
ママのオッパイを揉みしだき
後ろからTシャツブラをはぎ取り
スケベプレイに襲い掛かった!

もちろん拒否するママだったが
コウタのあまりの欲情と懇願に押され
呆れ気味でオ○ンコをくぱぁっと開くのだった、、、

そうなのだ

ママもまたコウタの特異な性癖は知っていたのだった
昔から母親を好いてるのは気づいていたが
まさか’女として’好いてるいるとは
思ってもいなかった

そして母を見るたびに欲情し
スケベ情熱をぶつけてくるコウタに
その熟れた体をしぶしぶ与えていたのだった、、、

同世代の子よりも
ママの事が大好きだといつも
訴えかけてくるその様子に
複雑ながらも豊満なカラダで対応していた、、、

’ママの悩みのタネであった’…

『あああッ!!イクぅぅぅ!!』

『中はダメだからねっコウタ~!』

フェラパイズリ
正常位バック騎乗位と
すべての体位でもって
ママとパコりにパコった先の
身勝手な絶頂を迎えるコウタだった、、、

そしてママもまたそれなりに
快楽を得ている事実もそこにはあった

’セックスレス’だ

夫とは長く夫婦の営みを行っていない…

お互い夫婦ではあるが
ほぼ生活や日常はパートナーしており
恋人の瞬間に戻る時などはほぼ無い…

夫からの女の目で見られるということは
ゼロだった

母親ではあるが
’女として満たされない’一人の女でもあった

そこへコウタとの
わけありエッチが妙にカラダが反応し
不覚にもほんのりと発情してしまうママだった、、、

『イクぅぅぅぅぅ!!』

ハァ

ハァ

ハァ

『もう…中に出すのダメだってば…』

『何度言ったら分かるのよ~』

禁断の中出し放出をするコウタだった
ママのオ○ンコが最高に気持ちよく
すべてのエッチが最高すぎてカジュアルに
性欲のままにザーメン膣内ぶちまけを
ヤるコウタだった…

’だってママの事が大好きだから’

『母さんいい?』

そして
今日もコウタは母親の
オッパイとお尻が目に飛び込んでくるたび

ママにしがみつき
一方的にオカしていく―。

○基本34p
○差分全ページ102p
○PDF同梱

※本作品はAIで出力した画像を元に
ストーリーや演出やレタッチ加工を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 義父にオカされハメ漬けにされた人妻

清楚で美人の人妻が性欲絶倫の義父に弱みを握られカラダを差し出すハメになり最後にはセックス漬けにさせられるお話です

■あらすじ

太陽が差し込む晴れた暑い日それは起こった―。

清楚で美人で巨乳の『サエコ』は一家団欒の場にいた。

夫や●●や楽しく食事をしている中
一人浮かない表情のサエコである

それもそのはずだ
その場にいたのもう一人の厄介な人物
義父がいるのだ

以前から義父はサエコに言い寄ってくるのだ

その理由はただひとつ、、、

サエコが美人でエロく
性欲絶倫の義父にとってタマらない存在だったのだ

いつもヤラシイ目でサエコを見ているのを
彼女は知っている

非常に不快で
時にはある不安にさえも感じていた

しかし
その不安は的中するのだった!

家族のいない所を見計らって
突如背後から義父が襲ってきたのだった

オッパイを鷲掴みにし
デニムのスカートをたくしあげ
パンツの上からムニュムニュと
オ○ンコを中指で肉が両サイドを
押し分けられるほどに刺激するのだった…!

あり得ない出来事に
混乱するサエコだったが
果敢にも’警察を呼ぶ’と打って反抗に出た

がしかし
その抗いも虚しく終わってしまった、、、

義父はある’秘策’を繰り出したのだ

それは意外な事実とともに
卑怯な手に出るのだった

『サエコさん不倫のやつ』

『バラしちゃていいのかな?』

なんとサエコの裏で行われている浮気の事実を突き止め
さらにはそれをダシに脅しをかけるのだった!

バラされたくなければヤらせろ…と

どうしようもなく
選択肢のないサエコは
義父のチ○ポを受け入れるしかなかった…

彼女は苦渋の決断で

’カラダを差し出すのだった’

『あっ…あっ…あぁぁぁぁんっ』

サエコは薄汚い義父の赤黒いチ○ポに
オ○ンコをオカされ
地獄のような気持ちでいっぱいだった

フェラやパイズリや
正常位騎乗位バックと
ありとあらゆる義父の性欲の
いや性癖のままに好奇心のままに
パコられまくる…

なすがままに

そしてサエコは不覚にもある’感情’が目ざめてしまった…

なんと他人のチ○ポに快楽を得てしまうのだった!

実はサエコもまた
長年夫と夜の営みがなく
セックスレスの状態にあったのだ

女として見られていない、、、
満たされない日々にさいなまれている
日常でもあったのだ

そこへ強引に義父のチ○ポが
ねじ込まれる

’サエコも女である’

一方的に義父にヤられヤられ
オ○ンコを身勝手にピストンされ
あげくの果てに絶頂を一方的に迎える…

サエコの熟れたオ○ンコに
ドクドクと大量のザーメンが注ぎ込まれる…

中出しを当たり前のように
されるのであった

『いやあああ…』

体はヒクヒクし
放心状態のサエコ、、、

ただただ天井を眺めるしかなかった

そして不倫の義父の弱みによるオドシはつづき

常に家族のいない日を見計らって
サエコは義父にケツを掴まれ
オカされまくる…

しかし、

次第にサエコは義父を見るたびにカラダが
じゅくじゅくムラムラを発情するのだった
自分でも受け入れたくない事実であった

’他人にオカされ死にたい気分だった’

が、着実に彼女の中に
メスの本能が目覚めていた、、、

そして今日も義父に誘われる―。

サエコは心では拒否しつつも
ひとたび義父の指が体を触れるたび
オ○ンコがびっしょりと濡れる

そして今日も
義父のチ○ポにハメ狂い

夫や●●へ懺悔をしながら
背徳の義父ファックに身を染めていく―。

基本36p、差分総数108p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

※本作品はAIで出力した画像を元に
ストーリーや演出やレタッチ加工を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 叔母と二人きりで密着ぬるぬる生エッチ

童貞男子が大好きな叔母と偶然二人きりになりとあるきっかけからエロい展開になり最後には生エッチしちゃうお話です

■あらすじ

暑い晴れの日―。

多感で年頃の童貞男子『レン』は
親戚同士食事会の用事で叔母の家へ着いていた、、、

しかし彼はドキドキが止まらない状態にあった

’それにはある禁断の秘密があった’

それは
美人で巨乳で超絶エロい『ナナミ叔母さん』が
猛烈に大好きだったのだ

それも女としてだ

さらには
昔から好きで好きでどうしようもないくらいだったのだ

そのナナミ叔母さんと
偶然にも今日という日は二人きりなったのだ!

他の家族連中は遅れて合流といったわけで
数時間は来ない!

猛告白するには
このタイミングしかないレンは
満を持してすかさずナナミ叔母さんに告白した!

しかし当然ながらラフにあしらわれる、、、

それでもあきらめないレンは
猛烈に情熱をぶつける

’そんなに私の事好きなの…?’

なんと同情したナナミおばさんは何かを察知し
ゆっくりと上半身の服を脱ぎ
巨大なオッパイを露わにし
レンの性欲のツボをどストレートに刺激したのだった

女として熟練のナナミお叔母さんは
分かっていたのだった

’レンは私とヤリたい’

ってことを

『おっおばさん!ちょっあっ!!』

なんと続けざまにナナミ叔母さんは
その熟達した手つきで華麗にレンの反り起つチ○ポを握り
シコシコとやさしく且つ圧を高める摩擦をかけたあと
どっぷりとフェラをしたのだった!

’激しく快感が走るり絶叫するレン’

それよりも急な展開に
おどろきと興奮が頭と心臓を
激震していたのだった!

『レンくんこういうの初めてだっけ?』

『おばさんでいいの?』

との問いにレンはブレることはなかった

彼に同年代の女の子を好きなる理由などなかった

初めから、、、いや、、、
生を受けた時から
先天的にナナミおばさんしか好きに
ならない仕様なのだ!

おばさんの言うなりに従った!

おばさんのフェラ、
おばさんのパイズリ、
おばさんのオ○ンコ、

すべてのエロをおばさんでしたいのだ!

最高だった

初めての快楽だ!

こんなにもフェラが気持ちいいなんて
パイズリがこんなにも気持ちいいなんて
そしてオ○ンコがこんなにも
爆発的に気持ちいいなんて!

そして

あの憧れのナナミおばさんと
童貞を捨てヤっているなんて
もう神展開そのものだった!

’頭が真っ白になっていた’

『ああっおばさんイキそうっ!!』

『いいわよいっぱいだして』

『でも中はダメだからねっ』

『んあああああッ!!』

レンは絶頂の果てに
やってはいけない事をおかしてしまった、、

ナナミおばさんのじゅくじゅくに熟れたオ○ンコ内に
ありったけの精液を注ぎ込んでしまったのだ

’超絶の中出しだ’

『ハァ…ハァ』

『ダメじゃないレンくん…』

『ごっごめんなさい』

『もう悪い子…』

しかしこれだけで終わることはなかった、、

レンはたびたびナナミおばさんに会いにいっては
内緒で秘密の生エッチを繰り返すのだった

言い寄られるナナミおばさんも
悪い気はしていなかった…

そして二人は内緒で会っては
禁断のパコパコゴムなしセックスに没頭し
快楽の沼へと堕ちていく―。

○基本32p
○差分全ページ96p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
ストーリーや演出やレタッチ加工を加えた作品となっています。