TAG まんだら大王

人妻エロ漫画 ギャルママが異世界に転生してケモノに無限種付けされた話

美人で爆乳のギャルママがある日突然異世界にワープしてそのままいきなりバケモノたちにオカされまくるお話です

■あらすじ

オッパイがはちきれんばかりの巨乳を持ち
華やかなタンクトップとデニムのホットパンツから
むちむちの尻肉を放つ美人でギャルママの『カリナ』は
その日ある用事を思い出し急いで帰宅していた…

バスに乗りほっと一息ついている時だった
突如頭痛に襲われ
幻覚を見る症状に見舞われた、、、

冷や汗をかき具合の悪い体の不調に
不安を抱いているその時だった…!

’自分ひとり真っ暗な森の中にいたのだった!’

訳が分からないカリナは
夢か現実か朦朧としていた、、、

しかしある殺気を感じる

見たこともないおぞましいバケモノが
うじゃうじゃと回りにいる、、、!

だが身の危険を感じる余裕もなく
カリナは一瞬で捕まり
怪力の前に成すすべもなく
身ぐるみを剥がされ襲われてしまう!

全力で抵抗するカリナだったが
そのままバケモノたちにオモチャのように
手足とカラダを押さえつけられ
巨大なチ○ポで激しくオッパイマ○コを連続でパコられ

カリナは自我が崩壊するまで羞恥の限りを尽くされる―。

○基本46p
○差分全ページ138p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 お手伝いさんのアヤカおばさんとゴムなしエッチした話

年頃の男子が巨乳のお手伝いさんとあるキッカケでゴム無しエッチしてしまうお話です

■あらすじ

’今日はアヤカおばさんがやってくる’

ウキウキワククドキドキが止まらない
年頃の男子『リョウヘイ』は
いてもたってもいられなかった

美人で巨乳のお手伝いさんなのだ
リョウヘイは父親が雇ったその日から
異性として魅かれていた

’お手伝いさんはエロいお願いも聞いてくれる’
とネットでまことしやかにささやかれている事も知り
日に日に気持ちが増大していたのだ

そう’エッチなお願い’を

ピンポーン。

『リョウヘイさんこんばんわ』

とさっそく定時刻に玄関へ現れる
アヤカおばさんだった。

リョウヘイは掃除洗濯料理と
仕事へとりかかろうかというアヤカおばさんへ
意を決して言う

『おばさんおっぱい見せて!』

『……』

『承知しました』

と突如アヤカおばさんは
上着を脱ぎ巨乳オッパイを露わにしたのだった

驚くリョウヘイだったが
『オ〇ニーも見せて、、、』
とドスケベなお願いをつづける

『承知しました』

そしてリョウヘイの要求はエスカレートし
アヤカおばさんの巨大なオッパイと
熟れ締まったオ〇ンコに
そのウブなチ〇ポをスボスボされ
念願の童貞を捨てていく―。

○基本24p
○差分全ページ72p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 シン・クノイチ 〜人妻の魔忍者は生ハメ任務に堕ちる〜

清楚な人妻が実は裏稼業で忍者をしておりある同僚に裏切られ男たちに無限生ハメされるお話しです

■あらすじ

普段何気ない生活を送り
何気ない平凡で幸せな日々を送っている人妻『北条マリナ』がいた。

しかし彼女には家族にも誰にも言えない秘密があった。

’それは『忍者くのいち』だったのだ’

太古より北条家の血筋として忍者の才能があり
そして人妻として生活を送りながら
実は忍者として裏での世界を動かす重要な任務をしていたのだった

しかし同僚の『サエコ』からある連絡が入る。

敵に捕まっているのを助けに行かなくてはならなくなったのだ

急ぎ足場やに現場に向かい仲間の危機を救うべく
必死で敵のアジトからサエコを脱出させる

しかし突如
サエコは踵を返し足を止め
敵のブラック忍者たちに合図を送るのだった!

『…ッ!?』

『いやああああッ!!』

そしてその瞬間
マリナはブラック忍者たちに取り押さえる!

『サエコ!どういうこと!?』

『クックック!アンタの能力頂いちゃうよ〜』

なんとサエコはマリナを捉え
その北条家に代々伝わる人体強化の『特殊な能力』を奪う事が目的だったのだ!

そしてその能力を奪うには『セックス』が必要と知っていたのだった!

『貴様っ!!裏切ったなーッ!!』

『時代は変わったんだよマリナ!』

『オマエたちヤっちまいな〜!!』

サエコは組織を乗っ取る計画から部下の男たちに
その能力を継承すべくマリナと生セックスをさせていく

サエコは毒を盛られ身動きできないカラダにされ
すべての男たちのチ○ポと精液をたっぷりとオカされ
ケモノに帯びた男たちのセックスに無限快楽ならぬ
無限地獄に陥っていく―。

○基本29p
○差分全ページ87p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 夫のお義父さんに生ハメされて堕ちてしまいました

■あらすじ

清楚で美人で巨乳の人妻『ミサキ』、
の元へ突如現れた義父はニヤニヤしていた。

それは以前からエロいミサキの事がとても
気になっていたからだ。

その日、夫は不在で内心ミサキは義父と二人きりでいることに
不安だったがその予感は的中した。

突如義父はミサキの背後から抱きつき
おっぱいを揉みしだいたのだった。

突然の出来事に驚きと
訳が分からない状況に混乱しながらも
必死に抵抗するミサキだったが
その様子をスマホにも撮られ
拒否したら世間にバラすとおどされてしまった。

受け入れるしかないミサキだったが
おっぱいとオ〇ンコをガンガンに責められ
思わず快感を得てしまった、、、

それは長年のセックスレスによるモノだった。

絶望と夫への罪悪感にさいなまれ
そして久方ぶりの快楽に
徐々に力が抜けていくミサキは
性欲絶倫の義父のチ〇ポの餌食となり
次第にセックスのトンネルから抜け出せなくなり
義父の求めるままに発情していく―。

○基本24p
○差分全ページ72p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 ママに甘えたら最後までヤった話

年頃の男子がママにエ○チなお願いをしているうちに最後までヤってしまうお話です

■あらすじ

好奇心旺盛な男子『レン』はその日
人生最大のピンチを迎える。

ママのパンツを嗅ぎならがオ○ニーしたのが
バレてしまったのだ。

レンは昔から異性としてママのことが大好きだった。
日々ママの隙をみてはコカンを気持ち良くしていた。

そんなママへすべての真実がバレ
隠し通していた大恥が露呈してしまい
頭が真っ白になるほど混乱してしまうが
レンは意外な行動に出る

『ママとヤりたいんだ!』

『…えっ!!』

なんとレンはドストレートにエ○チを懇願したのだ。
すべてバレてしまいもう地に落ちたようなものだと
どうせなら当たって砕けろ精神で
すべての思いをブチかましたのだ。

突然の要求に困惑するママだったが
少しだけなら…と
ギンギンに反り起つレンのウブなチ○ポを握り
シコシコと、、、
そしてジュッポりと咥えるのだった。

レンは思わぬ展開に心臓が飛び出るほどの
快楽と感激あふれた
初めての感触だった
最高だった!

そして行為は
パ○ズリ、、、
オ○ンコ挿入へとエスカレートし

ママを生ハメしていく―。

○基本20p
○差分全ページ60p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 異世界で人妻がオークに一方的に種付けされてしまう話

美人で巨乳の人妻が突如異世界にワープしそこにいたオークたちに捉えられセックスのオモチャにされ種付けされていくお話です

■あらすじ

その日足早に歩く清楚で美人な人妻がいた
手には買い物袋を腕にかけ
美貌な上にエロい巨乳を持ち
むちむちのお尻をたゆませている

いわゆる’まばゆい人妻’だ

しかし
急いで家に向かう途中彼女に悪いアクシデントが起きた…!

トンネルの中で激しい頭痛に襲われたのだ
頭を押さえ膝を曲げ
ズキンと激しく脳内に走る激痛に
一瞬動けなくなる
しばらく痛みに耐える彼女、、、

痛みの中うっすらと目を開けると

なんとそこにあるのは
真っ赤なトンネルだったのだった

『…えッ!!』

おどろく痛みは吹き飛び彼女はよりもっと目を見開いた、、、

見たこともない光景に頭の整理がつかないその人妻は
さらに気づくのだった

そこにあるの真っ暗な森だったのだ!!

訳が分からない混乱真っ只中の彼女は
怯えながらも自分に起こった
不可解な現象に正気をとりもどそうとするも

突如背後におそろしい殺気なるものを感じる…

『グヘェ…』

なにやら低くうなるような声がするその違和感に
おそるおそる振り返ると

『オンナァァ〜』

そこにいたのは
世にもおぞましい怪物だったのだった…!!

『いやああああッ!!』

あまりの恐怖に逃げ惑う人妻だったが
あっさりと捕まえられてしまう!

声を上げ死の恐怖に全力で抗う彼女だったが
人智を超えた怪力の前にその抵抗など
赤子の手をひねるがごとく無力であった

『いやっいやッ離してッ!!』

『誰かッ助けてぇぇぇえ!!』

即座に身ぐるみを剥がされ一方的に
襲われていく人妻だった
まさに無力そのものだ

そしてその叫びも
この真っ暗な深い森の中では
誰の耳にも届くはずもない

彼女にただた悲劇が起こったのだった!

そして彼女は口やオッパイやオ○ンコという
穴という穴に強引に乱暴に
怪物たちの巨大なチ○ポがねじりこまれていくのだった

羞恥の沙汰と
極度の恐怖に人妻はなすずべもなく
ただ神祈る思いだった

’助けて’と

『ニンゲンオンナ〜キモチイイ〜』

しかし怪物たちはその手を
いやそのチ○ポを止めることはない
オモチャの如くその人妻を本能のままに襲い続ける

『殺さないで…いやッいやあああッ!!』

ひたすらに叫び助けを乞う彼女であったが

ある恐ろしい事に気づいてしまったのだった

’『このバケモノ達は繁殖が目的だ』と’

彼女はハッと目が覚めるように
頭が真っ白になった
体の力が抜け落ちた、、、

それは’これからこのバケモノたちに永遠にオカされつづけるのだ’と

絶望の反応であった

『いやあああああああッ!!』

すべてを悟った彼女は森にこだまするほどの
助けと魂の叫びを放ち

彼女は終わりのない
ケモノたちの繁殖のオモチャにされ、、、
快楽のオモチャされ、、、

『もうどうでもいい…』

『ハハ…ハハ』

と自我を失い

やがて彼女は
ケモノたちのチ○ポに快楽を覚え
発情のスパイラルに堕ちていく―。

○基本31p
○差分全ページ93p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 借金返済でセックスする人妻

清楚で美人な人妻が夫が作った借金のためにSEXしまくるお話です

■あらすじ

透明感のある若く美人な主婦『サトミ』は
明るく夫を仕事へ見送った

しかしその表情は暗い。

なぜならこのあと夫の会社の社長『大河原』と
肉体関係を持たなければいけなかったからだ、、、

『どーも』

『この前の答え、はいかいいえで聞かせてくれるかね?』

『…は…はい』

苦渋の決断でそう答えるサトミは体が硬直していた、、、

夫が作ってしまった会社での借金を
帳消しにする代わりに
体を差し出さなければいけなかった

もちろん夫には内緒だ、、、

夫を思う妻の行動だった

『いやあああああッ!』

『アンタはモノ分かりがいいなぁサトミさん!』

サトミの心の準備はおろか
大河原は答えを聞くや否や襲い掛かった

拒否することもできず
みぐるみをはがされ
チ○ポをくわえさせられ
おっぱいを揉みしだかれ
オ○ンコに指やチ○ポを
グチョグチョと挿入され
ヤりたい放題ヤられまくるのだった

SEXを拒否すると
借金帳消しの話は無かったことにされ
脅される毎日だった

そして大河原にヤられるほかない運命に絶望し
また他人の男にオカされ夫への罪悪感で
いっぱいになったサトミは
大河原にヤられるたびに
心が壊れていった、、、

やがて
カラダをオモチャにされまくったサトミは
頭が真っ白になり
徐々に快感を覚えはじめ
抜けられない絶望の中
発情してしまう―。

○基本19p
○差分全ページ57p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 友人のママと生ハメして膣内射精しちゃいました

年頃の男子が友人のママとひょんな事からエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

友人の家に遊びに来ていた年頃の男子『ショウタ』は
胸が高鳴っていた。

それは友人のママ『マナミおばさん』の存在だった。

美人で巨乳でとびっきりエロいその姿に
以前から惹かれていたのだった。

そしてショウタはマナミおばさんの
トンデモナイ’秘密’を知っていた。

それはマナミおばさんの『激オナニー』だった!

ある時間―
トイレに行く振りをしてショウタは
廊下に面しているいつもの部屋を除く、、、

そこには股を開きスマホのエロ動画を見ながら
荒い息を充満させ中指薬指を根元まで膣穴に
上下左右とブズブズ
液ドクドク
とオ○ンコ挿入しているのだった!

このエロすぎる光景をショウタは
毎度オカズに友人の家に来ていたのだった

『…誰!?』

しかしそんな特等席に
人生最大のアクシデントがショウタを襲った
覗きがバレてしまったのだ、、、!

なぜそんな事をしていたのかと
説教を受けるショウタは
人生が終わった、、、
この世の終わった、、、
存在ごと居なくなってしまいたい、、、
とドス黒いガイコツのようになっていた

しかし…

『もしかしておばさんとヤりたいの…?』

マナミおばさんの驚くような問いに
ショウタは固まる一方だった!
しかしその爆発する性欲の意思を
玉砕精神でマナミおばさんへ
伝えるのだった

そしてこれをキッカケに
ショウタはズボンを下ろされ
マナミおばさんのスーパーテクニックフェラを喰らう

マナミおばさんは息子へ勉強をいつも
教えてくれるお礼と
少しだけならとエロったのだった

そして事はエスカレートし
ショウタは初めてのセックスをマナミおばさんの
オ○ンコで体験し
熱い精子を中にブチまける―。

○基本25p
○差分全ページ75p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 近所に住む人妻は実はドスケベ八尺様でした

童貞男子が近所に住む美人で巨乳の人妻が実はドスケベ八尺様だと分かってあるキッカケから無限エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

少し気弱なチェリーボーイの『ショウタ』はその日
緊張が体に取り巻いてた

それは近所に住む超絶美人で超絶巨乳のドエロ人妻『アヤカおばさん』と
朝の挨拶とかわしていたからだ、、、

はちきれんばかりの巨乳とケツに目のやりどころは苦しく
年頃のショウタにとって刺激が強く100%完璧に目のヤリ場を失っていた、、、

『おはよう』

と言われる瞬間もタマらなく興奮が体を走るのだ!

もちろん思春期MAX中の彼は
毎夜毎夜アヤカおばさんを脳内ハメハメ想像をして
日々の一人オナニーもヤリまくりだった、、、

その甲斐もあって本人を目の前にするたび
心底ドキドキが止まらないのだ

そんな中
ショウタにはある趣味があった
それは’都市伝説’だ

この場所に越してきたのは最近だが
少しばかり霊感のある彼は妙な体験をしている

なんと『八尺様』に遭ったことがあるというのだ

八尺様とは都市伝説の妖怪オンナで
’悪い●●をさらう’というありきたりな内容だ

しかしショウタは実際に遭ったというが
友人たちには冗談だと軽く流される

そしてショウタはふとある共通点を見つける…

それはあのドエロおばさんである’アヤカおばさん’と
’八尺様’がとてもよく似ていて
実は『同一人物』なんじゃないかと思うようになる、、、

そしてある日下校途中
ショウタは出会ってしまった

’八尺様’に…

『ええええッ!!』

正面に白いワンピースがトレードマークと
白いハットがアイコニックで且つ
2.5メートルはあろう存在感爆発の身長の八尺様が
いたかと思うと即座に
背後にズッと立っているのだ、、、!

そのスピードたるや人間の想像など追いつくものでない
人智を超えたスピードなのだ

『んあああああッ!!』

あっと驚くのもつかの間
ショウタは身ぐるみを剥がされ
丸裸にされてしまった!!

『フフフ…スケベな事ばっかり事考えてたでしょ~』

『ちょッ!!あっああああッ!!』

なんと八尺様はショウタの反り起つチ○ポを
ひとかぶりしジュポポポポ~っと
激烈なバキュームのフェラを展開したのだった!!

ただただ喘ぎ声を発し
混乱と状況をつかめず訳が分からないショウタは
ひたすらに抵抗をする反応しか出せなかったが
チ○ポに走る味わったことのない
フェラチオの感触に最高の興奮を感じるのであった!

『ショウタくんのおっきいね~』

『なああああッ!!はっ八尺様ぁぁ!!挿入ってる~!!』

そしてドスケベ八尺様の猛攻はどんどんつづく!

なんと混乱してる間もなく彼女はショウタのイチモツを
ぎゅっと握り自分のオ○ンコでズプズプとねじ込んだのだった

’膣内挿入だ!’

’初めての生オ○ンコ挿入だ!’

’感激と興奮と天国のハーモニーだ!’

右手のオナニーとはまるで別格の最高の
感触を味わうショウタだった!!

都市伝説の妖怪と生ファ○クしていることに
動転と興奮と高揚が一気に彼へ押し寄せた

頭が真っ白になる瞬間だった!

『んああああッ!八尺様エロいよ~!!』

これをキッカケに八尺様は騎乗位バック正常位と
いのままに彼を妖魔のセックスへといざなった

陥落の沼に堕ちていくショウタは
がむしゃらにピストンした…

それはショウタの奥底に眠る’オスの本能’が
八尺様のオ○ンコへ激しく交尾ズボズボを
繰り出すのだった

『でるううううううッ!!』

やがて興奮の頂点を迎え
ショウタは大量の中出しをしてしまう…

ハァ…ハァ…ハァ…

もうそこに八尺様はいない、、、

筆おろし完了だった、、、

ショウタは確かに生エッチを達成したが、、、
やはりアヤカおばさんの面影を
八尺様に感じるのだった

疑問にさいなまれる彼はある日意を決して
アヤカおばさんに正体は八尺様じゃないのかと
ストレートに問うのだった、、、

『ショウタくん』

『あまりこっちの世界に来ない方がいいわよ』

『フフフ』

とミステリアスな返りを食らう…

そしてまた翌日
翌々日、、、と八尺様が現れる、、、

やがてのこのループに見舞われるショウタは
アヤカおばさんの正体が八尺様であると確信し
真実を解明するべくあこがれのアヤカおばさんなる
八尺様と下校途中の遭遇に濃厚連続エスカレートセックスを果たしていく、、、

そしてショウタはウブなボーイにも関わらず
セックスを知った男として妖魔の世界へ身を投じる…

八尺様

いや、

アヤカおばさんの淫魔ワールドへ
ずっぽり入り込み
深く甘いドスケベの沼へと堕ちていく―。

○基本80p
○差分全ページ240p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 近所のエロい人妻とハメパコしちゃいました

若い男子が近所に住む美人で巨乳の人妻と仲良くなりひょんな事からエッチをお話です

■あらすじ

若く真面目な男子『ユウト』は
近所に住む美人でエロい人妻『ナミエ』に
想いを寄せていた

毎朝ゴミ出し場で会うナミエをワクワクしていた

それは、胸元からこぼれんばかりの巨乳と
しゃがんだ時にチラ見えする純白のパンツに
日々勃起していたのだ

そしてユウトはある日、
その想いは爆発した

告白したのだった!

そして意外にもその告白を
少しだけ受け入れるナミエであった、、、

まずはユウトの想いを落ち着かせるべく
ナミエは自宅でゆっくり話をするはずだったが
そのまま床へ押し倒され
ベロちゅーパイ揉みをされてしまったのだ!

思わぬ行為に抵抗するナミエだったが
久々のエッチに力が抜けてしまった

そしてユウトは
ナミエへの好きな想いが爆発し
そしてエロスの好奇心が暴発し
ナミエのおっぱいオ○ンコを
攻めまくる、、、!

ナミエもまた
長年のセックスレスによる欲求不満から
体が猛烈に反応し快感が目覚め
ユウトにオ○ンコの奥の奥まで極限に突かれ
膣内発射を許してしまう、、

やがてナミエは絶頂を何度も繰り返し
夫とは違うユウトの元気なチ○ポを欲していく―。

○基本21p
○差分全ページ63p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 人妻が即パコのオモチャにされ無限に寝取られる時

変態オヤジが種付けOKアプリで意のままに若妻を欲情させエッチしまくるお話です

■あらすじ
あからさまにブスデブ、
のその男はとんでもないアプリを手に入れた

それは『種付けOKアプリ』という
使えばたちまちのうちに
人をエロエロモードにするアプリだ

待ちに待ち、
ついにそれを使う日が来たブ男は
胸が高鳴った

いつも見かけるカワイくて巨乳でエロい若妻に
それを使ったのだった

効果はテキメンだった!

突如若妻は体が火照り
ムラムラが爆発したのだ

若妻はブ男にカラダを触られるたびに
脳内とは真逆にも
電撃を食らったかのように快楽を得てしまう…!

アプリの絶大なる効果を知ったブ男は
ここぞとばかりに若妻の
オッパイオ○ンコと攻めまくるのだった!

意識がもうろうとする若妻は中
必死に抵抗するもそのカラダは、、
そしてオ○ンコは、、、

ブ男のチ○ポをしきりに欲しがるのだった…!

やがて
意のままに若妻をオカしつづけられる事を
確信したブ男は

若妻のオッパイオ○ンコをぐちょぐちょにハメまくり
興奮の最高潮の末
若妻の真っピンクな
オ○ンコにありったけの精子を放出する―。

○基本18p
○差分全ページ54p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 人妻の姉と昼間からヤってます

姉の事が大好きなブ男が甘えまくって姉とどっぷり体の関係を結びヤりまくるお話です

■あらすじ

若く美しい人妻『サクラ』、
のところへ慌ててエッチなお願いを
するブ男のはサクラの弟だ

名は『コウタ』。

人生で彼女はできた事は無く
まさにザ・モテない男だ

しかし
突如そんな突飛なお願いをされて
しまったのにもかかわらず
’少しだけ’困惑するサクラだった

なぜなら以前からこんな特殊なカンケイだったからだ、、、

『今日はちょっとだけよ…』

いつものルーティーンのごとく
コウタのビンビンに反り経つチ○ポを
そっと握り口に柔らかくくわえ
ジュポジュポと舌と内頬で真空を作り出し
’フェラ’をするのだった

そう、、コウタは昔からサクラの事が大好きなのだ

実姉とこんな関係にとまどうことなく
まっすぐに好きなのだ!
そう結婚したいくらいに

しかしながらサクラは既婚者の人妻なのだ

こんなことが家族にいつバレるかヒヤヒヤしながら
コウタとこんなエロい関係を結んでいる

それは過去に命を捨てようとしたコウタへの
同情があった、、、

昼間から
弟とオ○ンコをズッポズッポ…
パコパコ…
ビュルッビュルッ…

今日もエッチなお願いをするコウタに
サクラは悩みながらその巨乳そのお尻その熟れたオ○ンコを
コウタにささげるのだった、

いつか辞めなくてはいけないと思いながら、、

しかし今日も
姉弟のモヤモヤムラムラパコパコセックスが
止まずに繰り広げられる、、、

同情セックスだ

そして姉に猛烈に禁止されているコウタは
中出しを全力全開で
ぐちょぐちょに濡れたサクラの
膣内に大量放出する!

二人の異世界エッチは今日も激しく盛り上がる―。

○基本18p
○差分全ページ54p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 夫の上司とパコパコ生ハメ言いなりエッチ

美人で巨乳の人妻が夫の上司に脅され罪をかぶるため濃厚セックスをしてしまうお話です

■あらすじ

若くそして清楚で美人で巨乳の人妻『サクラ』は
いつもの朝を夫と迎えていたが
どこか暗い面持ちでいた、、、

夫の上司『権堂ゴンドウ』である

夫のいないある日―
突如電話がかかって来て
大事な話だと一方的にウチへ来いと執拗に催促するのだ、、

妙な誘いに不安でいっぱいになるも
サクラはドアを鳴らす

権堂はニヤっと下品な表情を露わにし本題に入った

それはおどろくべき内容だった

夫の経歴詐欺が見つかったというのだ
’投資詐欺’だ

その過去を隠しずっと会社で働いていたのだった

そして権堂は卑劣な行為にでる

夫のの経歴詐称を
会社と警察にバラすというのだ
’夫を刑務所行きにする’と迫る

あっと驚く事実にサクラは
ただただ固まるばかり、、、

さらに間髪いれず権堂はたたみかける

『それがイヤならボクの愛人になれ』と、、、

驚きと恐怖と混乱の中
サクラには一遍の選択の余地もなかった

そして、苦渋の決断をする

権堂に’美しく豊満なエロいカラダを差し出す’ことを、、、

服をはがされ
胸は揉みしだかれ
乳首をしゃぶられ
そして権堂のギンギンチ○ポを
口で奉仕させられ
それを巨乳に挟まされ

果てには前から後ろから上からと
オ○ンコをズポズポされまくる…

地獄のような行為に
サクラはなすすべもなかった

しかしながら夫とのセックスレスも相まって
サクラは自分でも信じがたいほどの
権堂のチ○ポに感じてしまうのであった

他人の男に感じてしまう自分に
サクラは自我が崩壊する

そして権堂のチ○ポにいつでもどこでも挿入され
身勝手なセックスにどっぷり浸かっていく…

そしてサクラは権堂の言いなりセックスへと堕ちていく―。

・基本24枚
・差分全ページ72枚
・PDF同梱

人妻エロ漫画 ママは魔忍者で裏セックスの種付け任務に出張しました

忍者の裏稼業をしている平凡な人妻が悪の組織にハメられ種付けオモチャにされてしまうお話です

■あらすじ

清楚で美人な人妻『ナナミ』は一家団欒の光景を微笑ましく見ていたが
心の奥底で案じている瞬間があった、、、

それは家族には秘密にしている危険なモノをかかえているからだ

それは『忍者』である。

看護師の仕事をしていると夫や●●には告げているが
裏のナナミの顔は忍者の仕事をする
特殊なエージェントだったのだ

『魔忍者ナナミ』と組織では呼ばれている

そして長年ウソをつき続けている罪悪感から
近いうちに事実を話さなくてはといけないと
母親そして妻としてさいなまれていた…

しかしそんなある日
急遽’龍牙会’から招集をかけられたナナミは
いつも通りみなが寝静まった頃、、
ひっそりと身を固め出発する、、、

『いったい何事だ』

山中深くにある城のふもと
ボスの’大黒’に声を張るナナミだったが
なにやら様子が違っていた

多数の忍者たちに周囲をかこまれているのだ
瞬時に違和感を覚えたナナミはさらに大黒へ詰め寄る

『ナナミ、今日でお前は’サポート’に回ってもらう』

『…なっなに言ってんの?ナメないで!!』

特殊な血を引き上級忍者であるナナミには寝耳に水だった
前線から降格されるなんて憤りに値した

しかし
大黒からさらなる恐るべき辞令が下るのだった!

部下の忍者たちとヤリまくって
魔族耐性を持つ血の忍者を増やすというのだ

つまり’ヤリまくって特殊忍者を産みまくれ’というものだった

驚くあまり硬直するナナミだったが
黒幕の仕業を感じた彼女は瞬時に
周囲の忍者から逃亡をはかるも

あっという間に捕まってしまう…

『タマんねぇな~ナナミのカラダはよぉ』

『ヒッヒッヒ!』

なんと身ぐるみはがされ
ナナミの爆乳とむちむちケツをみんなの前でさらされ
ひざまづかされ
女の羞恥をさらされてしまうのだった

『クックック…ナナミお前はサポート役だ!』

『いやああああああッ!!』

大黒もまた黒幕に牛耳られた人間だった

そしてナナミは組織すべての忍者たちに
その豊満なカラダを弄ばれヤラれまくるのだった!

ナナミの熟れたキツキツオ○ンコは多数の忍者のモノとなり
性欲のハケ口そして中出しのオモチャにされるのだった!

そして
逃げらぬようカラダには脱力の毒を塗られ
抵抗むなしくナナミは男たちに無限にヤられまくり
淫乱の道へと堕ちていく、、、

そして忍者たちにオカされるたびに
家族への懺悔とともに
ケモノのように
淫らに発情していく―。

○基本54p
○差分全ページ162p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
ストーリーや演出やレタッチ加工を加えた作品となっています。

人妻エロ漫画 人妻に優しくしたらすぐにヤれました

童貞ブ男が隣に住む美人な人妻の家庭問題を助けてあげたら即エッチする事になってしまったお話です

■あらすじ

童貞でデブでブ男の『マナブ』は隣に住む
巨乳でエロくて美人の人妻『ミサキ』と仲良くしていたが
ナブはミサキのある問題を知り秘密裏にフォローしていた。。。

日々夫のDVに困り果てており、ヒドイ時は家でをし
マナブの部屋へ逃げ込んでいたのだった
いつもマナブは彼女をかくまっていたのだった

その親切心にはもちろん下心があった。

以前からミサキの事に夢中だったのだ
エロくて優しいミサキに頭が離れず
想像オナニーを一日3回するほど
惚れていたのだった、、、

そしてかくまっている最中は常にドキドキしていたのだった
何かが起こればいいな…と

そしてそのアクシデントが起こってしまう!

『今日は泊ってもいい…?』

その日は夫の浮気が発覚し
マナブの家へ火事でも起きたかのように飛び込んできたのだった
夫の関係に限界を感じマナブに抱き着き泣きすがるのだった

驚くマナブだったが意中のミサキが密着してきたことに
不謹慎にもカラダは即反応していた、、
そうギンギンにチ○ポが勃起していたのだった!

しかしアクシデントはさらにマナブを襲った

『…!?マナブくんこれなに…?』

『いっいえ!これはあのっ…!』

なんと勃起がバレてしまったのだ!
こんなシリアスは時にスケベなことを考えてしまったことに
人生最大のピンチを迎えるマナブだった!

しかしミサキは違っていた、、、

なんと自分から服を脱ぎパンツをおろし、

『私とヤりたいんでしょ…?』

と裸になりマナブをセックスに誘ったのだった

立て続けに起こる信じられない出来事に
マナブは興奮と混乱が入り混じっていた、
’イヤならしなくていいよ’と声をかけられるも

不倫がもしミサキの夫にバレてしまったら
命が無くなると思いながらも
一生童貞で終わる自分にまたとないチャンスに
揺れ動いていたが
それはすぐに決意することになる

『ミサキさぁぁぁん!』

マナブはミサキのオ○ンコをめがけ
はじめてのベロベ●●ニをするのだった

思わず声が出てしまうミサキだが
マナブの一生懸命な童貞エッチに応える

マナブが以前から自分のことをヤラシイ目で見ていたことも
マナブへ告げるのだった
そして’挿入れてみる?’とオ○ンコ挿入へと誘導する

『おっ…おねがいします!』

ミサキもまたいつも助けてもらっていた
恩を返す思いでいたのだった、、、

すべてを見抜かれていたマナブは
全力でミサキのセックスを受け入れ
ミサキのカラダをオカしていく

やがてマナブはウブな童貞ザーメンを
ミサキのオ○ンコへ勢いよく注ぎ込む、、

そして二人は
カラダの関係を深めていく―。

○基本25p
○差分全ページ75p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 バイト先で店長に良いようにヤられてしまった人妻

清楚な人妻がバイト先のブ男店長に弱みを握られカラダを弄ばれエッチのおもちゃにされてしまうお話です

■あらすじ

美人でカワイく透明感のある人妻『佐藤リエ』は不安に苛まれていた

それは務めるバイト先の店長『清水』に対してだった

彼女は清水に驚くべき借りがあり
それの見返りを日々要求されていたのだった、、、

それは前店長である夫の
横領罪を清水がかばったという過去があり、
佐藤に気があった清水は下心MAXで
卑劣な行為に出たのだった

’エロいことをしないと夫の罪をバラす’というものだった!

最悪の事態に疲弊するリエだったが
彼女にとって選択の余地はなかった…

最初は清水のチ○ポをシコシコしたりと
カンタンな少しだけのエロを要求されていたが
日に日にそれはエスカレートしていった

そしてある日それは起こってしまった
店内誰もいない時間だった

突如背後からリエの巨乳を揉みしだき
服をはぎモミモミベロベロと
ドエロ行為に走ったのだった!

驚くリエであったが
抵抗するたびに
夫の罪をバラすとおどすのだった…

それでも一線は超えないと
かたくなにするリエだったが
虚しくもそのキレイでプニプニのオッパイと
プルプルのオ○ンコは
じゅるじゅるズッポズッポと清水の手にかかる!

そして若く清い真っピンクのリエのオ○ンコに清水は
ギンギンに反り起ったチ○ポを容赦なくねじ込む!

ゴムなど存在しない
妊娠の危険など清水のヘンタイ性欲にはまったくの無意味だった

そしてリエは
股を開かれ極限に恥ずかしい体位で
店内でオ○ンコ挿入パコパコズボズボされてしまう

そして事もあろうに
最低劣悪なブ男にオカされながらも
感じてしまう自分に
嫌悪感が生まれていく…

やがてリアは家族への背徳を背に
清水のチ○ポをその新鮮なオ○ンコで受け入れ
何発も何発もザーメンを中に出される…

毎日ヤられにヤられ
仕事を辞めようとすればたちまちに’バラす’
というおどしもかけられる、、、

そして
リエは抜けることのできない
清水のドスケベ無限セックスワールドへ落ち
完璧なヘンタイ専用の人妻オモチャと化していく―。

○基本20p
○差分全ページ60p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 嵐の夜に人妻と二人きりになったらすぐ生ハメした話

美人で巨乳の人妻が嵐の夜夫の弟と二人きりになってしまいとあるキッカケから禁断の生エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

その日、大雨で暴風振りまく嵐だった―。

美人で巨乳の人妻『チナツ』は思わぬ天候に
びしょびしょの姿で夫『マナブ』の弟と落ち合った

親戚一同、実家に集まり用事をするはずだったが
急な嵐によって交通網が停止し
チナツとマナブは今晩二人っきりに
なってしまった

マナブはソワソワしていた、、、

玄関先で体を拭くチナツのエロいカラダに
目を奪われていたのだ

二人は世間話を軽く済ませるも
以前からチナツに想いを寄せるマナブは
そのびしょ濡れのシャツから透けるオッパイ
そしてしゃがんだ隙にハミ出す
半ケツとTバックのように食い込んだパンツに
激しく興奮し気持ちが爆発するのだった

『ちょっと!マナブさんっ!』

『何やってるんですか!?』

マナブは想いをぶつけながら突如
チナツのオッパイを鷲掴みにしモミモミしながら
ベロキスをするのだった

予想だにしないあまりの行動に
驚き慌てふためき抵抗するチナツだったが

『チナツさん!もっと早くにボクと出会っていればと、

言ってたじゃないか!?』

と熱く迫るマナブだった

そうチナツは夫との仲がうまく行っておらず
マナブに少し相談に乗ってたことがあったのだ
その中で二人は微量ながら思い合う仲になり
マナブの誠実な性格に少し気を許していたのだ

そして勢い収まらないマナブは
チナツの服をはぎパンツを脱がし
続けざまにエッチを仕掛けていく!

チナツもまた想いをめいっぱいぶつけてくる
マナブの行動にカラダが緩んでいた…

長年の夫との不仲で
男から言い寄られる気持ち良さに
すべてが緩んだのだった

そしてマナブのカチカチに赤黒く反り起ったチ○ポを
握り咥えジュボジュボとむしゃぶりオッパイに挟み
エロ行動に出たのだった!

そして二人はお互いのオ○ンコチ○ポを
刺激し合った

マナブは我慢できず
即座にゴムなしでぐっしょりに濡れたチナツの
オ○ンコへズブブッと豪快に挿入した
ありったけの力でケツを鷲掴み突きまくった!

セックスレスのチナツは
久方ぶりのチ○ポ挿入に
背筋が反り返るほどに快楽の雷が
全身に走るのだった、、、

二人は止まらない

二人はオスとメスの交尾そのもの

そして夫の弟と禁断の生セックスに

背徳の気持ちも混ざり興奮が天までのぼり
マナブとチナツは互いの名前を叫び合い
ヤリまくった、、、

そして絶頂の果てに
マナブはチナツのびちょびちょオ○ンコ内へ
ドロドロのこってりザーメンを注入する…

やがて二人はカラダのカンケイへとエスカレートし
セックス仲へ堕ちていく―。

○基本22p
○差分全ページ76p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 マスク婦人は弱みを握られてドスケベ人妻になってしまいました

美人でエロいマスク婦人が上司に弱みを握られセックスライフに落とされていくお話です

■あらすじ

エロく清楚なマスク婦人の『ユウカ』は
その日アクシデントに見舞われた。

それは会社の上司に弱みを握られ
性交渉を猛烈に要求されていたのだった!

というのもユウカには失態があった、、、

会社の若くカワイイ後輩と以前から
エロエロパコパコの不倫をしていたのだ

夫とは長く不仲がつづき
女として満たされない日々が募り
会社で若い男と仲が良くなり
つい行為にいたってしまったのだ、、、

それをすべて上司に知られてしまった。。。

そして
’社内に暴露されたくなかったらエロい事をしろ’と
要求してくるのだった!

選択の余地がないユウカは
要求をのむほかなかった、、、

そしてユウカは
はちきれそうな巨乳とお尻をすべて
さらした瞬間即座に両手でまさぐられ
上司の性欲の限りを尽くされた

そして止まる事はない!

フェラをされ、
パイズリをされ、
正常位騎乗位バックと
ありとあらゆるドスケベハメハメを
ヤられるのだった

他人の男にヤられ
背徳と自業自得にさいなまれるユウカは
それでも股を開き上司のチ○ポを
受け入れ喘ぐ、、、

生でハメる!
ゴムなどない!

そして上司の一方的に絶頂を迎えた
大量のドクドクザーメンを
容赦なく膣内に出される…

ユウカはなすすべもなく
体をピクつかせ放心状態だった、、、

『あなたゴメンなさい』

『こんな私を許して』

その後もユウカは上司に
良いようにヤられ
言いなりセックスライフの道を行き
上司のチ○ポに堕ちていく―。

○基本18p
○差分全ページ54p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 オヤジの再婚相手がドスケベ過ぎて童貞捨てる事になりました

童貞男子が美人で巨乳でエロい父親の再婚相手にオ○ニーがバレてからエロい展開になり結果エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

ある日、とびっきりの美人が目の前に現れ
終始ドキドキが止まらない童貞男子の『ケンタ』は
興奮の毎日を送っていた―。

その美人とは父親の再婚相手『ナミエ』だ

清楚でカワイく巨乳でオマケに明るい性格と来た
魅力バツグンだ!

オトナの女性にワシ掴みにされたケンタは
毎夜ナミエを想像してはオナニーに精を出していた、、、

しかしある大事件が起きてしまった!

それはナミエにオナニーを見られてしまったのだ!

部屋に入るときはノックしてと動揺し
慌てふためくケンタだったが、
ナミエは驚く行動に出た

『私のこと想像してオナニーしてたでしょ?』

『…えっ!!』

あまりに想像し得ない答えに
ケンタはさらに動揺する…

『困ってることがあったら言ってねって言ったのに~』

『んあああッ!』

『ちょッ!ナミエさん何やってるんですかっあああッ!!』

なんとナミエはケンタのびんびんに反り起ったチ○ポを
ズボンの奥から取り出しシコシコジュポジュポと
ケンタを上目遣いでみつめフ○ラチオをしたのだった!

’一体何が起こってる!?’

夢にも思わない展開にケンタは
興奮と混乱に見舞われつつも
父親の再婚相手とはいえひとまず親子の仲だ

拒否をするはずだった…

しかしこの時、
最弱動物種のケンタの中に眠る
かすかなオスの本能にスイッチが入った!

『あぁん!ケンタくんそこ弱いのッ!』

ケンタは突如ナミエのオ○ンコを
両サイドにムニ~っと押し広げ
カラカラに喉が渇きスイカをすすりかじるがごとく
むしゃぶりついた…!

それは自分でも予期しない行動だった
知らぬ間に手が動いていたのだった!

それもそのはずケンタはナミエが家に来て以来ずっと
ナミエのことを脳内に再生していたのだった!

エロ目的で自慰行為をしていたとはいえ
彼女もいないモテない…
永遠に童貞かもしれない…
というウブなケンタにとってナミエは
ある種初恋の女性だったのだ

そしてそれが火山噴火したのだった!

私でよければオ○ンコ挿入する?
と問いかけるナミエに
ノーという答えは無い

ケンタはありったけの童貞好奇心を
ナミエにぶつけ
弾力MAXのおっぱい
むちむちピンクのお尻
じゅくじゅくチビチに締まったオ○ンコへ
バキバキの童貞チ○ポをズボズボする!

ナミエもまた母親として
性欲が止まらず溜まりに溜まり困っている
ケンタを見て解放してあげたい一心だった

やがて二人は親子の特殊交尾をつづける、、、

その次の日も
その次の日も…

『や~ん!中はダメぇぇぇッ!』

ケンタのナミエのオ○ンコへの
中出しは止まらない…

○基本20p
○差分全ページ60p
○PDF同梱

人妻エロ漫画 修学旅行で憧れの女将さんに筆おろしされました

内気な男子が修学旅行で一目惚れした女将さんに思い切って告白したら即セックスしちゃったお話です

■あらすじ

年頃の童貞ボーイ『リョウタ』は片田舎に来て
とある女性を見て胸を高鳴らせていた

その理由は旅館の女将『ユウカおばさん』だ!

いや、武者震いさえただようその様子は
むしろ不安100%と言うに近い

美人で巨乳でエロさ爆発の
オトナの魅力たっぷりのユウカおばさんに
一撃で一目ぼれしたのだ

ユウカおばさんとは
以前に就学旅行でこの旅館へ訪れて以来ずっと
頭から離れず悶々とした生活の先に
勇気を出し告白をしようとリョウタは決意し

再びこの地へ来たのだった、、

しかし告白するも
カラダ目当ての●●んちょの冷やかしだと
軽くあしらわれてしまった…

恥ずかしい気持ちでいっぱいになるリョウタだが
その時突如番犬がリョウタを襲った!

リョウタはあっと声を上げ
驚くあまりユウカおばさんのお尻へ倒れかかる
と同時にユウカおばさんのズボンをズルンッと下ろしてしまい
さらにバランスを崩し弾力全開で肉厚パーフェクトの
ユウカおばさんのお尻へずっぷりと顔をうずめてしまう!

一瞬の空気が止まる、、、

『別にいいよ、ヤる?』

しかしユウカおばさんは驚くべき事を発する
それはリョウタへ飼い犬が悪さをしたお詫びだった

信じられない展開にリョウタは身がすくむが
嬉しさと興奮も同時に沸き上がった

もうこんなラッキーはやってこない!

リョウタはめいっぱい勇気を振り絞り
やり方も知らないながらに
ユウカおばさんに抱き着き
オッパイを両手で鷲掴みにしモミモミし
ベロチューを繰り出した!

ビックリするユウカおばさんだったが
オトナの対応でリョウタのスケベを
受け入れていく、、、

リョウタのチ○ポをスマートに取り出し
口元へ運びリョウタを見つめながら
ひとペ●●ふたペ●●
そしてハモッと亀頭から竿まで根元まで咥え込み
ヨダレと上アゴとベロのザラザラ摩擦をチ○ポに与え
頭部をユサユサと上下させ
ジュポジュポとしゃぶりかかった!

はじめて体感するフ○ラチオに
童貞のリョウタは感激し体に電気が走る

まるで陸に打ち上げられた魚のように
ビチビチビクビクさせるのだった

そしてユウカおばさんは
騎乗位のままリョウタのチ○ポを
オ○ンコへねじこみ
お尻をくねくねぐりぐり動かし
快感をこすりつける!

右手では到底味わえない
にゅるにゅるざらざらの膣内の感触に
リョウタは激しくエクスタシーの直前まで
のぼりつめた!

そして二人は発情し合った
快楽をぶつけ合った

まるでそれは交尾に熱中するケモノそのものだ

やがてリョウタはユウカおばさんの
ドスケベファックに大量の精子を
オ○ンコの中へぶちまける、、、

そして二人はカラダのつながりを持つ関係へとなり

リョウタは遠方はるばるやってきては
ユウカおばさんに二人でハメくるう仲になり

オトナのエロスワールドに身を投じていく―。

・基本24枚
・差分全ページ72枚
・PDF同梱

人妻エロ漫画 ママに甘えたらすぐにヤれるハッピーデイ

寂しがり屋の男子がママに甘えてスキンシップをしているうちエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

晴天で心地よい晴れで真昼の最中
泣きじゃくりしきりにママの後を追いかける
寂しがり屋の男子がいた

名は『ユウタ』。

彼はとてもママの事が大好きなのだ
そのママが自分を離れていくからだった

『こらー家にいなさいってばー』

しかしママは家から数メートル先にある
ゴミ出しにいくだけだった

そんな距離であっても一時も離れたくない
ずっとママとくっついてたい
超絶甘えん坊のユウタだったのだ

しかし、

ユウタには大きな’趣味’があったのだ

それはママとのスキンシップだ

本当は四六時中ソレをしていたいユウタなのだ
言い出したら止まらない彼は
ゴミ出しに行くママの最中も
スキンシップをしたいのだ!

『ヤダもー!!』

ユウタは突如ママのオッパイを揉み
服を脱がし上げ
巨乳の生パイをモミモミちゅうちゅうしたのだ!

誰か見ているかもしれない
白昼堂々でだ

猛烈に拒否するママだったが
どことなく呆れ顔を見せ
どことなく覚悟を決めているような
様子にも見えた

『はぁ…この子ったら』

と突如ユウタのチ○ポを握り
手コキをし口でチュポチュポと
フェラをしたのだった!

『ママ~気持ちいい~!』

喜び一気に歓喜するユウタは
ママの匠なテクニックのフェラに
カラダをビクつかせ至福の反応をみせる

『ママもっともっとー!』

気持ちいい快感が全身をおおいつくし
さらなるドスケベを要求するユウタだった

『ちょっとやめなさいっ』

快楽の最高潮のなか
ユウタのドスケベは止まらず
ママのじゅくじゅくに熟れたオ○ンコへ
ユウタのウブなチ○ポをパコパコと挿入しまくるのだった!

少しの快楽がカラダに走るママ
そして親子でこんなことなんてしちゃいけないと
さいなまれる中
それでも仕方なくユウタの要求に
応えるママは’ある同情’によるものだった

それは離婚の果てに寂しい思いをさせている
ユウタへのいたわりであった…

『ママ~いくぅぅぅxッ!!』

『ユウタ!中はダメぇぇッ!』

やがてエクスタシーを迎え
快楽に昇天するユウタはめいっぱいの精液を
ママの膣内にドクドクと注ぎ込む…

そして2入の仲は
スキンシップなる特別な快感を分かち合い
毎日のようにドスケベスキンシップを繰り返す

まるで恋仲のように野性的なセックスを遂げていく―。

・基本24枚
・差分全ページ72枚
・PDF同梱

人妻エロ漫画 隣人の人妻は清楚に見えて実はわけありドスケベ主婦でした

年頃の男子が隣に住む清楚でエロい人妻のとある弱みを握りエッチな事を要求したら逆に主導権を握られてセックス漬けにさせられるお話です

■あらすじ

パッとしない平凡な男子『カイト』は
玄関先にいる人妻『サエコ』にドキマギしていた

それは清楚で巨乳で豊満なカラダや
エロい雰囲気を醸し出す人妻だからだ

そして隣に住むそのサエコとは
日ごろから程よく仲良くしてたいが

カイトは夜な夜なのぞきを楽しんでいた

夜になると警戒心の薄いサエコを見込んで
窓から生着替えを目に焼き付け
日々のオ○ニーにいそしんでいた

そしてカイトはそんなサエコを好くようになっていた

しかしある秘密を握るのだった!

それは密かに隠れ
『エロチャット』をしているのだ!

こんな清楚で普通の人妻が
そんなコトをしているなんてと
超絶驚くカイトだったが
興奮とともにその熱いドエロい思いが
卑怯な形となって
サエコに決行してしまうのだった!

『こ…コレ見て下さいサエコさん…』

『…っ!!ちょっとッ!カイトくんどうしてッ!!』

なんとエロチャットの様子の動画を
サエコに見せ迫るのだった!

驚きのあまりサエコは固まる、、、!

そして次の瞬間カイトは
サエコを押し倒し
オッパイを揉みしだいた!

『ちょっとカイトくん!なにッ!!?』

すべての力で抵抗するサエコ!

そして混乱する中彼女は
その手を止めないと警察を呼ぶと出た

しかしエロい事がしたい頭でいっぱいのカイトは
そんなことをすればこの動画を
バラすと脅すのだった!

以前から人の良い青年だと思っていた
サエコにとってショッキングな事だったが
泣く泣くカイトの要求をのむ…

フェラクンニ手マン…

カイトは思いを寄せるサエコに
卑怯な手でそのカラダを奪うのだった

失望したサエコもまた吹っ切れた様子で
童貞であるカイトに食ってかかる

『そんなプレイで人妻が喜ぶと思ってるの…?』

オスとして挑発を受けるカイトは
悔しさが爆発し
セックスを知らないながらも
サエコのオ○ンコに
ピストンを激しくしていく!

はじめて味わうエッチに感動するカイトだが
サエコもまたセックスレスに悩む一人の主婦であり

久方ぶりの男のチ○ポに
思わずカラダが反応し
感じてしまうのであった!

『ああああッ!サエコさんイきそーッ!』

『もう?全然ダメねぇ~』

初めてのオ○ンコにカイトは
即座に絶頂を迎え
禁断の中出しをしてしまう…

オトナの女性
熟れた人妻

そんなサエコに筆おろしされた
カイトは至福の快感だった、、、

やがてコレがきっかけで
二人はこっそりと会い
生パコをし合っていく…
サエコに恋心を抱きながら…

そしてカイトは旦那の横で目隠しをして
バレるかバレないか…
激ファックプレイをサエコに要求され…

本当のセックスの興奮と
アブノーマルな世界へいざなわれ
スリルと寝取りの背徳におぼれていく―。

・基本20枚
・差分全ページ60枚
・PDF同梱

人妻エロ漫画 ゴーストママのねっとり粘着エッチ

幽霊が見える素朴な男子が過去に死んでしまったママと出会いひょんな事からエロい展開になりドスケベエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

お墓参りに来ていた家族の中に
手を合わせひょうひょうとした表情で
墓石に祈る素朴な男子『リョウタ』がいた

母親が死んで数週間経ち
まだ悲しさも溶けてないほどだが
リョウタにその面持ちはなかった

ドドンッ!!

『まだまだ勉強が足りない~』

『はぁ…』

なんと隣から幽霊のママが話しかけている!

そう
リョウタは生まれつき霊感があり
ガッツリとママが見えるのだ!

さらに我が息子の成長を案ずるがゆえ
よく背後に現れ
ビッタリと背後霊として存在している

まるで一緒に生活している母親そのものなのだ

それゆれリョウタにとって
母親が死んでいる感覚など1ミリもなかった

そんな日常の中、
ある起こるべくして起こってしまった
事件があった!

なんとリョウタの夜のお楽しみである
’オ○ニー’を見られてしまったのだ!

’最悪…’

人生最大の恥をかいたリョウタは
もう出てこないでくれと強く懇願し
母親へはげしく思いをぶつけた!

しかし母親はあり得ない返しが繰り出された!

『溜まってるのね…ママに言えばいいのに~』

『んあああッ!!』

と服を脱ぎ始め
豊満な爆乳を露わにし
リョウタのチ○ポをシコシコと手コキを始めたのだ!

おどろくリョウタは頭の整理ができない
そして混乱した!
しかし親子でこんなことをするなんてと
我に返り全力で拒否する!

しかし母親は止まらない
なぜなら我が子が性欲で困っている状態を
放っておけないのだ

『ちょっ…!母さんなにやってんの!!』

母親はさらにエロい事を繰り出した
なんとリョウタにまたがり
騎乗位でリョウタのチ○ポを
ズボズボオ○ンコ挿入したのだ!

次から次へとドスケベが
エスカレートし速さについていけない
リョウタはただただ驚き焦り拒否していた!

同時に初めて味わうフェラオ○ンコの感触に快感の電気が
カラダを走っていた!

’なんだコレ!気持ちよ過ぎ!!’

’でも親子でこんな事ヤバくね!?’

と快楽と背徳のジレンマにさいなまれるリョウタだが

『リョウタも年頃だしねこういうの知っておかないと…』

『イヤなら止めとく?』

とエロスの継続か否かを揺さぶってくる母親の問いに
リョウタは考える時間はなかった
いやこの時オスの本能が芽生えていたのも事実だった
答えは決まっていた

リョウタは母親のカラダへむしゃぶりつき
そしてオッパイへむしゃぶりつき
オ○ンコへ激しく腰を振った!

’性欲が勝ったのだ!’

やがて母親も息子への
チ○ポのお手伝いから
徐々にメスとしての性欲があがり
二人は互いに官能的にセックスをし合う

それはまるで生身のオスとメスの交尾そのものだった!

やがてリョウタは母親のオ○ンコ内の摩擦に
快楽と興奮を堪能し最高潮を迎える

絶頂するリョウタは
禁断の母親のオ○ンコ内へ
全身全霊の精液放出を繰り出した、、、

当然こっぴどく怒られるリョウタだった…

しかし
二人はここから
ドスケベ親子のエロエロが覚醒し
禁断のゴースト親子ハメハメライフに身を投じ、

親子の発情が始まる―。

○基本22p
○差分全ページ66p
○PDF同梱